日々旅中

 ya6.gif  世界一周へ向けてホームページを作成しました。
 2011年7月出発予定
 西へ進みながら更新をしていく予定です。


 まだまだ完成とは言えないHPです。
 だって完成するのは旅が終わってからなんだもの!!
 出発まではこのブログをご覧ください!



スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一期一会

Category : 2009 Yakushima Island
朝起きたら腰の激痛!

どうやら持病の腰痛が出てきたみたい‥

足の筋肉痛をかなり心配してたけど

腰に来ちゃったよ

今日の予定はバスで宮之浦から屋久島の反対側、栗生まで向かって1泊。

ゆかちゃんは白谷雲水峡に行ってあさっての朝帰る。

昨日ハードな山を一緒に登って

次の日にはすぐバイバイ。

まさしく一期一会

またいつか会えるといいな

マキくんはダイビングの予定で山登りよりも時間は遅めなんで

私も9時くらいまでダラダラしてた。

見送られてバス停に向かう。

1人で来てるからこそ見送られるのが少しうれしい。


屋久島のバスは不便だからか、

私が乗り込んだ時点で外国人カップルだけ

途中でおばあちゃんとおじいちゃんと旅行者らしい男子が1人。

車窓の景色は見てるだけで楽しくて

たまに海なんか見えると声を出しちゃいそうになる

原というバス停で降りて千尋の滝に向かう。

地図を見てもどの道を行けばいいのかわかんなくて

近くにあった食堂のおばちゃんに聞いてみる。

丁寧に教えてくれてありがとう

言われた通りに進んでるとけっこうな坂道。


滝へ



ガイドブックには歩いて1時間って書いてあったけど

こんな坂道が続くんなら絶対に倍はかかると思った。

しかも今日はとんでもなく蒸し暑い、加えて腰痛

純粋に汗かいてるんだか冷や汗なんだかわかんなくなってきた

千尋の滝の近くの「海を一望できる展望台」を目指して歩いてるのに

なんか下り坂が増えてきて看板もいっこうに見えてこない。

これは誰かに聞くしかないって思うけど

人なんか全く通らない。

一軒家をみつけて久しぶりにピンポンを押してみた

小学生くらいの子どもがいそうなお母さん。

滝の場所を聞くと私が歩いてきた道を指差す。

心が折れそうになったけど

お母さんの笑顔が優しくてがんばろうって気になった。

来た道を戻って看板を探しながら歩く。

ようやく発見して安心するけど私はかなりの距離を間違えてたみたい

ひたすら登り坂、途中の畑で農作業をしてるおばちゃんが

「昨日、雨が降ったから今日はいい滝が見れると思うよ」

なんて言ってくれちゃうから

諦めるわけにはいかないじゃんか。


腰痛と戦いながら出発から2時間ほどで展望台に到着。

雲だらけの空だけど風が気持ちよかった。


展望台から


岩肌



今度は滝の近くまで行ってベンチに座って眺めていると

腰がじんじんしてきてベンチに寝転んで休んでいたら

50代くらいのおじさんが来て気まずいのを隠すため「こんにちわ」と言ってみる。


千尋の滝



千尋の滝2



おじさんはノリノリで話してきて

私が尾之間温泉に行くと言うとレンタカーで送ってくれると言う。

着いてバイバイかと思ったら自分も入っていくと言う。

普通のよりも高い温度の温泉の中で足と腰を念入りにマッサージ。

温泉から出るとおじさんは

今度は屋久島フルーツガーデンに連れてってくれると言う。

途中、平内海中温泉にも寄ってくれた。



海中温泉



海中温泉2


ちっこい蟹がたくさんいて超かわいい

さすがに入るわけにはいかないけれど見れてよかったと思った。

屋久島フルーツガーデンは亜熱帯な空間が広がっていて

見たこともない植物がいっぱいで楽しかった。


フルーツガーデン



12543023435.jpg



そしておじさんは大川の滝にも寄ってくれると言う。

健康体なら断るところだけど

バファリンでなんとか持ちこたえてる私にはとてもうれしい申し出なので

遠慮せずにレンタカーに乗り込む。

北九州から来た定年間近のヒラカワさん。

奥さんに先立たれてしまい

娘息子はすでに結婚している。

なんだか切ないなぁって思っちゃう。

私は年配の夫婦が2人で旅をしてるのを見かけると

なんだか微笑ましくてニヤニヤしてしまう。

ネパールに行ったときもそんな夫婦と話す機会があって

無性にうらやましかった記憶がある。

「1人旅は楽だね。定年になったら車で日本を周りたいよ」と言う。

もちろんそんな人生もアリだと思う。


ステキだと思う。すばらしいと思う。

それでも私は先のことなんか考えずに

若いうちにいろんな旅をしてみたい。



大川の滝は水が少ないせいか

写真で見たのよりも迫力は薄かった。


12543023448.jpg





それでも滝の音っていうものは

なんて心地良いんだろう。

昼寝をしたいところだけど

今は1人ではないから早々に帰りを促す。

このままここにいたら即効落ちてしまう。


ヒラカワさんは西部林道にも連れて行ってくれた。

知ってはいたけどこんなに猿や鹿が多いなんて思わなかった。


12543023469.jpg



1254302585e.jpg



しかも仲が良い

猿は群れてるとなんだか強気で

車で向かっていっても動こうとはしないんだけど

1匹だけだとすぐ退散する。

どこまでも人間に似てる。

ヒラカワさんは話の合間に

「会えてよかったよ、今日1日なにもすることがなかったからね。

ここに来ることもなかっただろうし」

かわいいおじさんだと思った。

登山の非常食用にと買ったお菓子をくれたので

かじってみるとカンパンとかよりもめちゃくちゃ固くて

前歯が差し歯の私は恐るおそる食べるけど

ヒラカワさんは5分もたたずに間食してしまう。

西部林道を抜けて永田灯台に抜ける。


12543026442.jpg



100年も光を灯した灯台は

そのもの自体も太陽に照らされて白い色が目に痛い。

西部林道を抜ける前と空の感じが全く違う。

屋久島の魅力の一つ


12543026459.jpg



再び西部林道を抜けて今夜の宿まで送ってもらう。

「またどこかで」と言ってバイバイ。


こーゆうことが旅の魅力の一つだと思う。

ステキな出会いだった。

ヒラカワさんがいなかったら私は腰痛に苦しみながら

相当苦労してたと思う

本当にありがとうございます。


栗生の宿は本日のお客さんは私1人らしい。

とりあえず町をうろうろするけれど

近場には商店が一つだけ

ド田舎に来ちゃったらしい


栗生川



地図を見ると近くに海があったので行ってみる。


海



海2



水の音ってすばらしい


帰り道でビール買って

ヒラカワさんにもらった非常食用のチョコレートが今日の夕飯。

窓の外には川と橋と街灯が絶妙なコンビネーションでなんだか幻想的。


ひかり




明日に備えてストレッチをさんざんして

久しぶりの1人の夜を満喫しました。


にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

森の神様

Category : 2009 Yakushima Island
朝5時のバスに乗りました。

1時間ほど走って登山口到着。

思ったよりも人がいっぱいいる。

ユカちゃんと17時のバスに乗り遅れないようにと

励まし合いながら歩き始める。


トロッコ道1


山の朝陽もいいね


朝陽



朝陽を浴びた山


やっぱね、旅に出ると思うけれど

太陽の光はすべてのものを美しくする気がする。

いつもは嫌いな蜘蛛の巣も

とてもキレイ


蜘蛛の巣


2時間くらい延々とトロッコ道が続いて

今のところ楽勝だって思ったら

急に道が変わって私たちは動機息切れが止まらなくなった。

縄文杉までの道のりはハンパじゃない

下ってくる人達はどこか顔がスッキリしてて

「もうすぐですよ」とか「がんばって」とか行ってくれる。

でも皆さん、「もうすぐ」のレベル高すぎです‥

ヘトヘトになりながら見所のウィルソン株や杉を見るたびに縄文杉はもっとすごいんだと思ってワクワクはするけれど

簡単には私の前には現れてくれないんだね、さすが森の王様★


ウィルソン株1



ウィルソン株2



到着は11時半すぎくらいだったと思う。

ようやく会えた



縄文杉1



縄文杉2



悠久の時を経て

雨風にも耐えて根をしっかりはって

人間と同じように深いシワを刻みながら

今もなお行き続けてる屋久杉。

違うのはただずっと同じ場所にいること。

霧がうまく演出してて本当に神秘的


達成感で肩の力が降りた感じ。

お弁当食べて着替えて早めに帰路につく。


すれ違ったガイドさんが

「この登山は普通の山と違って帰りの方が長く感じますよ」と言っていたけれど

ほんとうにその通り。

歩けども歩けどもゴールが見えてこない

地獄の階段、トロッコ道。


トロッコ道2


森1


ヤックルに会えたり


ヤックル



至るところから出てるわき水でパワーをもらうけど

しゃべる元気も出やしない

休憩してるとガイド仲間の話が聞こえて

「俺、今日から縄文杉3日連続なんですよ、そんで1日休んで白谷3日連続」なんて言ってた。

ローテーションなんだね

ガイドさんも大変だ

いくら登山が好きでも

3連チャンはキツイだろう‥

余裕でゴールできると思ったけど

帰ってきたのは16:45

けっこうギリ

帰りのバスはうとうとしてて

ふと外を眺めたら虹が架かってた。

私とゆかちゃんが声を揃えて「虹だぁ」って言うと

車内の人達は一斉にこっちを見る。


私はけっこうガキだから

意味はよくわからないけど縄文杉からのご褒美だと思った。

今夜も昨日と同じメンツで夕飯に

刺身に鹿肉にサバすき。


刺身


シカ肉


さばすき


サバすきは絶品

サバなんてあえて注文して食べたいなんて思わないし

正直どうでもいい食材だったけど

この料理は感動した。


今夜も宿の人達とみんなで飲んで

フラフラしながらベッドに寝転ぶ。

うまい酒は幸せな気分にしてくれる。


にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

屋久島入り

Category : 2009 Yakushima Island
見えてきた


お昼くらいに宮之浦港に到着して

連なる山々と海の広さに大興奮!


山


橋




宿までゆっくり歩いて15分。

とてものどかで

コレが県道だなんて驚きだ。


腹ペコだった私は宿の人に「オススメのお店とかありますか?」と聞くと

コンビニとスーパーの場所を教えてくれた。


なるほど、ランチタイムの概念はあまりないらしい‥


もらった地図を眺めながら歩いているとパン屋があったんで

サンドイッチとカフェオレ買って近くの港が見える公園で1人ランチ


海



太陽の光が暖かくて波の音が心地よくて

振り返れば溢れんばかりの緑。

なんてステキな町なんだろう

ついついまどろんでしまい

気付いたら14時でした

青空飯と昼寝、そして波のBGM

片手にビールがあれば最高の贅沢

初めての町ではひたすらうろうろするという

旅先自分ルールを持ってる私は

ぐるぐる宮之浦を歩いてみる。

子どもはこっちの様子を伺いながら

目が合うと「こんにちは」と言ってくれる。

素晴らしい教育方針



神社で明日の登山祈願して


神社



木陰のベンチで一休みしたらいつのまにか横になってて

気付いたら17時でした


昼寝あと


宿に戻ると何人かの旅人が集まってきてて

高速バスとロケットを乗り継いで来た

意外とやんちゃで広島弁がかわいいユカちゃんと

のっぽでガタイがよくて礼儀正しいマキくんと夕飯を食べに行く。

オススメと聞いた潮騒という店に行くも満席。

屋久島入ってこんなにたくさん人を見たのは初だった


諦めて近くの居酒屋に入ってビールで乾杯

昨日の1人ビールよりも何倍もうまい


1254230076d.jpg



1254230077d.jpg


この店、刺身も豚刺ももちろんうまいんだけど

枝豆が最高だった

今まで食べた中でも断トツ★


ほろ酔い気分で宿に戻るとここのおかーさんとおとーさん、

宿泊してる人達、そしてここが好きで集まってくる人達がいて

アルコールがさらに進む。

屋久島の芋焼酎、三岳はお土産に決定!

興味深かったのは

屋久島移住者の21才フリーターの男子。

なんで移住したのか聞いてみると


「星がキレイだったんですよ」とのこと。

移住を決意させるほどの夜空なら

私もぜひ見てみたいと思った。

明日は何年ぶりかの朝4時起きで縄文杉に会いに行く。

夜空探しはまた明日から‥


にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ

ブログランキング・にほんブログ村へ


フェリー出航

Category : 2009 Yakushima Island
フェリー



屋久島行きのフェリーに乗り込みました

今日の空は雲が多いけど

動くと軽く汗ばむ陽気

テンション上がりっぱなし!


フェリーから1


フェリーから2



にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

初日

Category : 2009 Yakushima Island
★出会いとまでは行かないけれど心暖まる出来事。

●機内で屋久島ブックを見てたら

キレイというよりも希に見ない愛嬌のあるスッチーが「屋久島に行かれるんですか?」

って食い付いてきたこと。

●鹿児島空港から駅までのバスで「ここ中央駅ですか?」と聞いたら

「違いますよ」と教えてくれて

駅が近づいたら「この次が駅ですよ」と教えてくれた優しいお母さん。


出だしは好調★

明日はフェリーで屋久島入り。

気がかりは天気だぁ‥。


にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

空港

Category : 2009 Yakushima Island
只今、搭乗ゲートにて飛行機を待ってます。

ほんとは鹿児島に着いたらちょっと街をうろつこうと思ったけど

眠気MAXなためホテルに着いたら即寝ようと決意。

予定では明日もあさってもいつも以上に早く起きなきゃ!

出発前

Category : 日常つれづれ…
ただ今、仕事中です。

仕事が5時に終わって

6:55のフライトで鹿児島へ飛びます。

今日の夜は何を食べよう

準備

Category : 日常つれづれ…
荷作り完了★



でもビール飲みながらやったから



どっかに穴がありそうでならない‥

思い出

Category : 日常つれづれ…
部屋の整理をしていたら

インドへ行ったときの電車の切符やら地図やらが出てきて

それをじっくり懐かしみながら見ていたら

あっという間に2時間経過。

あの旅は私の今までで最大の思い出だ。

年齢と比例して経験値が上がるごとに全てにおいてハードルが上がっていく。

心から楽しいだとか感動するだとか

そんな風に実感できるのは

もう未知の世界に飛び込んで行くしかないんだと思った。

知らない土地の空が広く高く感じる場所で

風に吹かれているときが一番幸せに感じる。

やっぱり私は日本で生活するには

難しいのかもしれない‥

あせり

Category : 日常つれづれ…
旅行の準備が全然できてないッ

加えて私が屋久島入りして3日くらいは雨との予報

日頃の行いのせい??


疲れ

Category : 日常つれづれ…
最高潮に疲労の蓄積がひどい・・・

こんなのは久しぶりだ・・・

これからトレッキングシューズを買いに行ってきます・・・

耳をすませば

Category : Movie
耳をすませば [VHS]耳をすませば [VHS]
(1997/07/25)
本名陽子

商品詳細を見る




こないだのもののけ姫から

すっかりジブリにハマッてしまい

まだ見てなかった耳をすませばを見ました。


見ている間中、終始身悶えしている感じ

雫と聖司のやりとりを見て

「こんなの現実にありえない」と思うのは

おそらく私が激しく憧れてしまったからなんだと思う。

中学3年で自分のやりたい事がわかっていて

その夢に対しても雫に対してもまっすぐに自分の気持ちを伝える聖司と

その彼に魅かれて追いつきたいと願い

自分を模索して前進し始める雫。

本当に最高の恋愛だと思う。お互いを高め合えるなんて・・・

夢から現実の移行に気付き始める瞬間、

それから恋に落ちる瞬間に胸が締め付けられる感じ。


好きなシーンがいっぱいあった。

☆雫が聖司に「バイオリン弾いて」と言う。

聖司は「じゃあお前歌えよ」と言う。

雫は恥ずかしがりながらカントリーロードのメロディに自作の歌詞をのせて歌う。

そこにおじいちゃんとその音楽仲間が入ってきて

そこは小さな音楽会になる。

なんかとても感動して涙が出た・・・

カントリーロードは私の旅の一曲になりそうな予感


☆雫がおじいちゃんにバロンを主人公に小説を書きたいと申し出る。

するとおじいちゃんは交換条件をひとつ

「その小説を見せてくれ」と言う。

雫はうまく書けるかもわからないのにと戸惑う。

するとおじいちゃんはこんな名言を言う。

「自分の中に原石を見つけて、時間をかけて磨くこと、

手間のかかる仕事だ」


すてきなおじいちゃんだ。

言葉ひとつで人の人格ってわかる。

こんな風に年を重ねたい!


☆小説を書き終えて雫はおじいちゃんのところに持って行く。

おじいちゃんはそれを読み終えて「素晴らしかった」と言う。

雫は「うそ!自分でもわかってるんです。最後なんてめちゃくちゃだし・・・

私、わかったんです。書きたいだけじゃダメなんだってこと」と泣きながら言う。

するとおじいちゃんは「荒々しく未完成なあなたの才能の原石に感動した」と・・・

号泣する雫。

おじいちゃんも素晴らしいんだけど

雫のお父さんもいい味出してた。

ジブリ作品に出てくる大人は夢があって素晴らしいと思う。


☆聖司がイタリアから帰ってきて

朝焼けを見るために丘の上に登る。

そこはけっこうな急坂でチャリ二人乗りではとても厳しい。。。

雫は「降りようか?」と言うと

「雫を乗せて登るって決めたんだ!!」と聖司。

一番キュンときました。



とにかくキュンキュンする映画。

黙って見てられない映画だった。

始まりも青春だよね、

図書館で自分が借りる本のカードに毎回同じ名前があって

その人がかっこよくて向こうも気にしててくれたなんて・・・

私だって中学生のころからけっこうな文学少女だったけど

貸出カードの名前なんて気にしたことなかったよ・・・

気にしてみてたら聖司くんみたいなステキな人と

お知り合いになれてたのかなぁ・・・


にほんブログ村 映画ブログへ



旅の準備

Category : 日常つれづれ…
バックパック



バックパック買いました

とりあえず屋久島の旅行のためだけど

その先の世界一周を考えると

バックパックを見るだけで

なんだかニヤニヤしてきてしまう・・


旅行博

Category : 日常つれづれ…
東京ビッグサイトの旅行博に行ってきました。

会場に入ってみると

人がたくさんいてなんかワクワクする感じ。

キルギスだとかアルゼバイジャンだとか

結構マニアックな国のブースもあって

かなり興奮!

お目当ての沢木耕太郎氏の講演も相変わらずおもしろい。

沢木氏のかわいさにニヤニヤしてしまいました。

もうすぐ新刊が出るらしいから

本屋はちょくちょくのぞこうと思いました。

ランチのアフリカ料理


ケバブ2


ケバブ3


ケバブ


残念ながらアフリカビールは売り切れ

かわりにハイネケン飲んで

イタリアのカプリに行きたくなって

さんざん地図やら小雑誌やらをもらっていたら

かなりの大荷物になった。

家に帰ってらぐったりだった。

それでも私はこれから走り回るバイトに行かなくちゃいけない

感動

Category : 日常つれづれ…
今参加している旅話プロジェクトのイベントに参加して来ました。

約70本もの原稿を先に読めるなんて

参加するっきゃないって思って無理やり休みを調整しての参加。

おもしろい話がいっぱいあった。

カンボジアで現地のバイタクのにーちゃんプチ恋しちゃうかわいい話から

同じくカンボジアで井戸掘っちゃう人まで・・・

隣の席にいたキレイなおねーさんが

ある原稿を手にして

「コレ読んだ?私好きなんだけど」

と言って見せてくれた原稿は私が書いたアーグラーでの出来事だった。

ヤバイ、久しぶりに感動しちゃった


本屋さん

Category : 日常つれづれ…
バイトまでちょこっと時間が空いたので

ふらりと本屋に入ったら

読みたい本がいっぱいあった。

山田詠美氏の本を手にとってみるけれど

恋愛小説なんか読んだらまた乙女度が上がってしまうから

泣く泣く棚に戻しました・・・

過酷!!

Category : 日常つれづれ…
今日からかけもちのバイトが11連チャン★

世間はシルバーウィークなのに・・・

でもいいの、連休明けには楽しみにしていた屋久島旅行がある!

それがなくちゃやってられん・・・



変化

Category : 日常つれづれ…
会社の隣の席の女子が本日で辞めるということで

今日は彼女の送別会でした。

私とタメでかわいらしい雰囲気とは違ってけっこうさっぱりしてて絡み易かった、

それに加えて旅好きらしくけっこう話題も合っていたから

明日から隣にいないと思うとさみしい・・・

私も12月に辞めることは決まっているから

こないだセンパイが「一人ひとり辞めてっちゃうなぁ・・・」なんてボヤいてたけど

やっぱり時間と比例して普遍的なものなんて

この世にありっこない。

だから今の時間を大切にしなきゃいけない。

・・・なんて哲学的なことを少し考えてしまった・・・

もののけ姫

Category : Movie
もののけ姫 [DVD]もののけ姫 [DVD]
(2001/11/21)
松田洋治石田ゆり子

商品詳細を見る



屋久島旅行への気分を高めるために見ました

だけどなんかそんな気が吹っ飛んじゃった・・・
(屋久島へ行く気がなくなった訳ではない・・・)


生きろ

主人公アシタカが言うこの言葉は深くてとても重い。


私がこの作品の中で一番心に残って感動したシーンは

タタラ場でアシタカが銃で撃たれ、

シシ神の力によって生き返る。

だけれど死の呪いのかかった腕のあざは消えていない。

力を落とすアシタカ。

なかなか回復せずに寝たっきりのアシタカに

サンは何とか回復させようと自分の歯で食べやすくして

アシタカに口移しで食べさせる。

食べさせてもらいながらアシタカは一筋の涙を流す。

とにかく感動した。理由なんてよくわかんないけど涙が出た。



誰もが世界の主人公であり、

それぞれが必死に生きようとしてる。

それはきっと本能で善でも悪でもないんだと思う。

生きることはだから辛い、わかんなくなるから・・・


ラストにサンは

「アシタカは好きだ。でも人間を許すことはできない」と言う。

アシタカは「それでもいい、サンは森で、

自分はタタラ場で暮らそう、共に生きよう」と言う。


異なるもの、相容れないもの、

物語は一見終わったように見えるけどまだ続くんだ。

たとえ解り合えなくても、

共存できる道はあるんじゃないか?

これは物語中ずっとアシタカが説いてきたこと。

このくだりが強く響いた。



人間はたくましい。自然はもっとたくましい。

ラストがこんなにすがすがしく終わった映画は

久しぶりだと思った。


にほんブログ村 映画ブログへ


specials

Category : Music
SpecialsSpecials
(2002/02/08)
The Specials

商品詳細を見る



昔の彼氏にもらったCD。

当時はあまり聞かなかったけれど

こないだ掃除してたら出てきたので聞いてみました。

私はあまり音楽のジャンルとかはわからないんだけど

この感じ好きだ!!って思いました。

これがよく聞くSKAっていうのね☆

私SKAが好きかもしれない


トルコ料理とバックパック

Category : 日常つれづれ…
バックパックを新宿に見に行きました。

私はすぐに決められず今回は買わなかったのだけど

テンションが上がりまくりでした

もうちょっと調べてみて早く買わなくちゃ!!

その後ランチでトルコ料理を食べに行きまして

そこのキッチンにいた店員がとてもかっこよかった

トルコ人で顔が濃いだけであまりかっこよくないイメージを勝手に持ってたけど

私の勘違いだったらしい。

おいしい料理食べてイケメンがいるとわかったら

トルコへ行きたくなっちゃうよ・・・


スナフキン度

Category : スナフキンの名言
スナフキン度チェック



【結果】あなたのスナフキン度は 73%でした。
あなたはすでにスナフキンです。さあ、今の生活を捨てて世界一周の旅に出ましょう。



お金さえあれば

すぐにでも旅に出てるのに・・・・


アジア横丁

Category : 日常つれづれ…
新宿のアジアン屋台へ行きました。

シンハーやらサイゴンやらエベレストやらをガンガン飲んで

結構いい感じに酔っ払いました

一緒に飲んだ彼は来週からシルクロード横断の旅に出ます。

私が2年ほど前からアコガレ続けているルートを旅してくるようで

かなり羨ましい・・・

何事もなく無事に帰ってきて早くいろんな話が聞きたいと思う

旅行博

Category : midnight express
9/20 お台場で沢木耕太郎氏のトークショーがあります★

今からとっても楽しみだ

充実

Category : 日常つれづれ…
今日は休みだったのに朝9:00に起床。

本気で部屋の掃除をしました。

本気の掃除ってかなり疲れる

結局午後3時までかかりました・・・

そのあと屋久島行きのことをやって、

ドコモショップに携帯取りに行って

友達に髪を切ってもらって

その後、飲みに行って・・・

かなり充実した一日になりました

久しぶりのベリーショート☆

そこら辺の男子よりもよっぽど短かい頭になりました

ワクワク

Category : 日常つれづれ…
鹿児島行きの航空券の入金、発券をしました。

ただまだ屋久島行きのフェリーだとかホテルは未手配・・・

明日はお休みだからがんばってすべて手配しなくては

プロジェクト

Category : 日常つれづれ…
今「100人の旅の話を集めて本にしよう」というプロジェクトに参加しております。

その原稿の締め切りが今月15日。

このブログを元にするからそんなに時間がかからないやぁーって

タカをくくっていたら文字数が大幅にオーバー

もともとまとめとか得意じゃないし

客観的に読むとどんな感じになるのか全然わからん・・・

久々に頭使ってマス・・・

携帯沈没

Category : 日常つれづれ…
携帯電話をトイレに落としてしまいました・・・

かれこれこれで4回目。

その度に飲み友達が減ってゆきます

今のワタクシの電話帳のメモリは0件。

今日は厄日だ・・・

熟睡

Category : 日常つれづれ…


朝9:00に東京に戻ってきて

家に着いて即熟睡

起きたら午後5時。

バスの中でも相当寝たつもりだったのに

こんなに寝るとは思わなかった。

なんてもったいない!!


広島

Category : プチ一人旅 Japan
午前10:00スギ、広島駅に到着しました。

とりあえず路面電車に乗って原爆ドームへ

私はけっこうな乗り物好きで

路面電車というものに初めて乗ったけど

かなりお気に入りの乗り物になりました。


会社の人に広島へ行くと言うと

「俺は原爆ドームだめだったんだよねー」なんて言ってたけど

私はかなり見入ってしまった。

キレイなんて言ったらおかしいのかもしれないけれど

思えばこんなふうに崩壊してる建物がずっと残って世界遺産になってるなんて

他にたぶんないだろうし。

それだけ原爆が恐ろしいものだったってことなんだろうけれど。



原爆ドーム


原爆ドーム2


ここの公園は緑がきれいでよかった


再び路面電車に乗って次は宮島を目指す。

宮島口駅に着いて名物のあなご丼を食べようと

有名店に行くけれどあいにく今日はお弁当のみ。

残念!って思いつつかなり腹ペコだったのでお弁当を頼む。



あなご弁当


正直、仙台で食べたあなご丼のほうがうまかった。。。

とにかく空腹は満たされたのでフェリー乗り場へ向かう。

久しぶりのフェリーに少々興奮気味


フェリー


私が着いたときは干潮してて大鳥居の下もくぐって歩けた。


鳥居1



鳥居2


満潮時は私の背丈よりも水が来るなんてびっくりだ・・・


厳島神社の朱塗りが色鮮やかでとてもキレイ



厳島神社


地図を見ながらあたりをひたすらうろうろ歩く。

普段はすぐ電車に乗っちゃうけど

遠出するときは疲れ知らずだから不思議。


歯科

鹿がいたるところにいて

私がベンチで休憩してたら近づいてきて

器用に私のパンツから地図を加えて食べだしてしまう。

地図くらいあげるけどさぁ・・・コイツ食べて大丈夫なの??

・・・なんて戸惑ってると今度はポッケに入ってるサイフを狙ってくる。

慌てて取り返したはずみで私のサイフの中身がバラまかれて

近所のドラッグストアの会員カードをくわえてしまう。

あたふたしてると近くにいた外人カップルが

クスクス笑いながら私のカードを取り返してくれた。

結局私はどこにいても

外国人の方に助けられる・・・


古い町並みは大好き

町並み2


町並み1


地蔵


空




五重塔


この写真はわれながら上出来だと思う


2~3時間ほど歩いて再び大鳥居に戻ると

潮が満たされてきてて景色が違ってた。


鳥居3


この時点で4時くらい。

こうなればギリギリまでいて水面に埋もれる大鳥居が見てみたい!

・・・って思ったけれど私のタイムリミットは午後5時半くらい。

さすがに満潮は見れなかった・・・


鳥居4


ほんとは夕焼けも見たかったけれど

東京行きのバスに乗り遅れたら元も子もないから

泣く泣くフェリーに乗り込む。


フェリーから


今日の夕焼けは絶景だっただろうなぁ・・・


宮島口駅から広島駅までは1時間ちょっと。

駅でお土産のもみじまんじゅう買って

バスに乗ると疲れが一気にきた。

足がパンパンだった

今度はもっとゆっくり来ようって思った。


にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

about

SAYA

Author:SAYA
2011年、初夏
構想3年、世界一周へ旅立ちます


映画が好き
本が好き
夕焼けが好き
路地裏が好き
そして何より旅が好きな
スナフキンに憧れている女子のブログ。

serch
counter
ranking

アルファポリス エッセイ・ブログ大賞に
エントリーしました!
応援よろしくお願いします!!

ランキング参加してます★
ポチッとお願いしまーす!

FC2Blog Ranking


にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ

にほんブログ村 映画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
new
comment
category
100旅
126人でつくった旅の本
好評につきシリーズ化しております!
100人100旅―126人でつくった旅の本100人100旅―126人でつくった旅の本
(2009/12)
100人100旅プロジェクト

商品詳細を見る

自分の旅の話は自分でしか語れない。
旅好きな126人のそれぞれの旅の話☆
twitter
つぶやいていただいてます!
ありがとうございます★
links
diary
trakback
mail
ご意見、ご感想
なんでもお気軽にメールください!

名前:
メール:
件名:
本文:

rss
QR code
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。