日々旅中

 ya6.gif  世界一周へ向けてホームページを作成しました。
 2011年7月出発予定
 西へ進みながら更新をしていく予定です。


 まだまだ完成とは言えないHPです。
 だって完成するのは旅が終わってからなんだもの!!
 出発まではこのブログをご覧ください!



スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナガルコットに向かって

Category : 2008 Nepal
朝9:30にゲストハウスを出る

荷物はサチさんのところに置かせてもらって

ナナメ掛けのバッグひとつで

ヒマラヤの朝焼けがキレイと有名な

ナガルコットへ1泊旅行

カトマンズのバス・パークからバクタプルという町に向かって

そこでバスを乗り換えて行くという

あいかわらずぼーっとしている性格なんで

バス・パークまでの道を1本間違い

遠回りして到着、バスに乗り込むが

このバスが満員御礼!

サービス精神豊かなネパリは

背の低い日本人女子には嫌な顔ひとつせず

席を譲ってくれる。

私は海外に来るととてもずうずうしくなるので

遠慮せずに、でも心からお礼を言って席に座る


外を眺めながらぼーっとしていると

何やら立派な建物が見えてくる。

バクタプルも世界遺産登録されている町で有名で

写真で見た建物らしきものが遠目で見える。

・・・ってゆうかここバクタプルじゃない?

って思ってバスのスタッフらしい青年男子に聞くと

「すっかり教えるのを忘れてた」というような顔をして

バスを停めてくれた。

気づいてよかった・・・とほっと一安心


ただ降ろされた場所はとても殺風景な場所で

人も全然いないし

自分がバクタプルのどこにいるのかが全くわからない。

カンを頼りに歩いてみると

住宅地みたいなところに出て

近くにいた家族連れにナガルコット行きのバス停の場所を聞くと

「今日はストライキでバスは出ない」と言う。

そういえば今日、宿の兄ちゃんもそんなこと言っていたなぁ・・・

冗談だと思っていたけど・・・

でもここまで来て何もせずに帰るのも

なんかシャクだったから

とりあえずバス停まで行ってみることにした。

地図を見ても何もわからないから

すれ違う人に毎回「こっち?」と指さして教えてもらう。

途中サクーと名乗るネパリがついてきちゃって

一人で大丈夫と行っても

毎回道を間違える私に手まねきをする。

コイツ大丈夫かなぁ・・と半信半疑でとりあえずついて行くと

大きな通りで子供たちとアーミーがなんだか対立モードで

子どもたちは相手に向かって石を投げている。

ストライキってほんとだったんだ


バス停に到着するも

あんな光景を見てしまったんで

疑う余地はなく

バスどころかタクシーも車も通らない。

サクーは「ここから歩いて2時間くらいだから

歩こう」と言うけれど

私の足はサランコットのおかげで

まだ疲れは残っていて

あんな山道だったら絶対登れない。

だけど道はちゃんと舗装されていると言うし

バクタプルに滞在すると

予想以上にお金がかかる。

(ここの世界遺産の入場料は10ドル、

たぶんどっかの宿に泊まるとそれだけで払わなきゃいけないんじゃないかって思った)

そしてもうカトマンズへ帰るバスも出ていない。

完全に足止めをくってしまったんで

何回もサクーに「私はあなたを信用するから変なことしないでね。」

みたいなことを言って恐る恐るついていった。


のどかな田園風景が続き

ところどころに集落がある。

サクーはあまり近づいてこないし

普通の話しかしない。

でもよくよく考えてみると

ヒマラヤが絶景ということは標高もかなりあがるということで

そこまで2時間で着くわけないということに気づいた。

だってすでに1時間歩いても

坂道なんて差し掛かってないし

あと半分なんて思えなかった。

前方に見える山がそうだとしたら

あと5時間はかかると思った。


これは無理だろう・・・ってあきらめかけたとき

「一休みしよう」とサクーが言う。

そこは彼の友達の家らしく

チャイをもらって一休み。

私を中心に何人かのネパリが群がるからまたおもしろい。

その中の一人が

「もしバイクで行くならいくら払う?」と聞いてきた。

私は200と言ったけど「NO」

結局300ルピーでナガルコットの泊まろうと思ってた宿まで行ってもらうことにした。

「ちょっと待ってて」と言ってそのネパリはどっかへ行ってしまった。

そしてサクーが「カモン」と言うのでついていくと

彼の妹の家でまたチャイをくれた。

もうすでに結婚をしていて

子供も3人いてぐっすり眠っている。

結婚式の写真を見せてもらい

「早く結婚したほうがいい」とすすめられる。

「がんばるよ」と言うとちょうどバイクが到着して後ろに乗る。

乗る前は「高いなー、足元見られたなぁ」って思ってたけど

これは絶対に歩けなかった。

サクーは一人だったらこの距離を2時間で歩けんのかな?

それとももともとこのバイタクの金を欲しかったから??

とも思ったけど

そうだったとしてもバクタプルからタクシーで相場は1000ルピー

それよりも安くついてるから文句なんて一切なかった。

むしろラッキーだったと思う。

めったに見れないストライキの光景も見れたしさ


バイクのドライバーは

前に行ったカンボジアでなかよくしてたカンボジアンにどこか似てて

親近感が湧く。

フザけてガケのギリギリを走って私の反応を見てゲラゲラ笑う。


30分ほどの道のりで雲海リゾートというホテルに到着

ナガルコットのバス停からここまでもけっこうあったから

喜んでお金を払った。

チェックインをし、空を見上げる。

夕暮れ


どんより曇り空。

明日は朝焼け見れないだろうなぁ・・・って

あまり期待しないようにしようって思った。

そもそもナガルコットに来ようと思ったきっかけは

キーシャさんが行ったときにものすごくキレイな朝焼けが見れた・・と

来た甲斐があったと言っていたからだった。

彼女は「憲武珈琲」のオムライスはおいしいから食べてきなよ。

って言っていたのを思い出しその店に行ってみる。


中には2人の日本人がいて

一人はけっこうなおじさん、一人は私よりも若めな男の子だった。

2人とも同じ宿に泊まっているらしい。

私はオムライスを頼み、おいしくて感動する。


憲武オムライス

なんてことない普通のオムライスなんだけど

久しぶりに食べるととてもおいしく感じる

若者は先に帰ってしまい、私はおじさんと二人で話す。

彼はナガルコットに長期滞在中で

宿を1か月100ドルで交渉して住んでいて

食事も賄いみたいなものを出してもらっているらしい。

ネパールに入ってすぐバイクを買っていろんなところに行ってるらしい。

ここの食堂はオーナーがとんねるずの木梨憲武にそっくりで

それで「憲武珈琲」という名前がついたらしい。

オーナーのノリさんとこのおじさんは仲良しで

よく飲み物の試作をしてるらしく

私に試作品のシナモンティーをくれた。


おじさんは4時くらいにいつも帰るんだと言って

私はひまだったからノリさんと話したり

店に置いてあった情報ノートを読んだりしていると

ノリさんがいきなり

「カモン、カモン、中に日本人がいるよ!」

と大声で外に向かって叫ぶ。

私をダシに勧誘を始める

ちょっと気まずいなぁー、カンベンしてよー

と思ってたら、まんまとその彼が入ってきて「どうも」とあいさつする。

それがまたイケメンだから参る

ってゆうか、私のモロ好みだった。

私は背が高くて、年下で、顔の長い男の子にめっぽう弱くて

まさにドンぴしゃ

笑顔がステキな2コ下の男の子。

話しやすいし、また関西弁なのもズルイ

彼も今日到着したらしく

バクタプルから800ルピーでタクシーに乗ってきたらしい。

バクタプルで入場料もとられたから軽く観光してから今到着したばかり

ストライキも見てびっくりしたって言ってた。

旅先でちょっとしたトラブルがあって

それを共有できたりすると

タイプの子じゃなくてもテンションは上がるもの。

旅してる男子ってそんなにタイプの人ってあまり会ったことなかったんだけど

(この前の江口はかなり良かったけどね)

やっぱりいるんだ、こーゆう人が

なんだか無性に楽しくてペラペラしゃべってしまった。


2時間くらい話して

「明日、朝焼け見れるといーねー」と言って別れた。

ナガルコットは標高が高いから

やはりカトマンズよりも冷える。

ドミトリーに戻るとノリさんのところで会った日本人男子がいて

彼はすでに南インドを回ってきた後だったから

話がおもしろくて

ドミトリーに2人っきりという気まずさもあまり感じずに済んだ。

明日は一応早く起きて

ヒマラヤを望んでみよう。

そしてバスが動くことを祈って・・・



にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

about

SAYA

Author:SAYA
2011年、初夏
構想3年、世界一周へ旅立ちます


映画が好き
本が好き
夕焼けが好き
路地裏が好き
そして何より旅が好きな
スナフキンに憧れている女子のブログ。

serch
counter
ranking

アルファポリス エッセイ・ブログ大賞に
エントリーしました!
応援よろしくお願いします!!

ランキング参加してます★
ポチッとお願いしまーす!

FC2Blog Ranking


にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ

にほんブログ村 映画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
new
comment
category
100旅
126人でつくった旅の本
好評につきシリーズ化しております!
100人100旅―126人でつくった旅の本100人100旅―126人でつくった旅の本
(2009/12)
100人100旅プロジェクト

商品詳細を見る

自分の旅の話は自分でしか語れない。
旅好きな126人のそれぞれの旅の話☆
twitter
つぶやいていただいてます!
ありがとうございます★
links
diary
trakback
mail
ご意見、ご感想
なんでもお気軽にメールください!

名前:
メール:
件名:
本文:

rss
QR code
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。