日々旅中

 ya6.gif  世界一周へ向けてホームページを作成しました。
 2011年7月出発予定
 西へ進みながら更新をしていく予定です。


 まだまだ完成とは言えないHPです。
 だって完成するのは旅が終わってからなんだもの!!
 出発まではこのブログをご覧ください!



スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠視

Category : 2008 India
昨日まではバタバタしていたので

今日こそは本腰入れて日の出を見れると思っていたけれど

目が覚めて部屋の窓から外を見ると

すでに太陽が登ってしまっていた

それでもと思い外にでてガートに座り

ガンガーを眺める。


朝焼け1


近くに寄ると汚いのに

遠目で見るととてもキレイ。

世の中のあらゆる事柄はみんなそうで

例えばいつも近くにいた人が

遠くに離れて行ってしまうと

とたんにさみしくなって

大切だったと気付く。

もう手に入らないと思ったものほど

あとからものすごく欲しくなるのはなぜなんだろう?


太陽を眺めていると

時間が流れるのがとても早く

あっという間に1時間

宿のバルコニーにもどり

タバコをふかしていると

コリアンの女の子に声をかけられる。

浅田真央に若干似ているドレッド頭の女の子。

たどたどしい英語で「ガンジス河でバタフライ」を知ってる?と聞かれた。

私は「見たことはないけどタイトルくらいは」と答える。

メモ帳を取り出し

「ここに日本語で書いて」と言われたので

ご希望通りに書いてあげる。

彼女のテンションが急に上がり

満面の笑みで「ありがとう」という。

なんだか変な感じだった。

そういえばここはコリアンが多いかもしれない。


今日も朝食は自然と昨日と同じ「シヴァカフェ」に向かう。

昨日の夕食は軽かったので

今日は朝食のセットを頼む。

来るのを待っていると

再びキーシャさんと会う。

連れていたのはキョーコさんではなく別の女子。

キョーコさんはもうデリーに向かってしまったらしい。

昨日の夜にポカラから到着したらしい。

もう一人の女子は今日ポカラへと向かうらしい。

2人と別れて日本語の本が借りれる店へ行こうとすると

途中で「僕の名前はブラック・ピット」と名乗る

なんだか怪しいインド人。

確かに軽く似てるけど

握手を求められても困る。

そしてつい笑ってしまう。

私は怖いことや気まずいこと、怒られているときまで

ニヤけてしまうよろしくないクセがある。

笑ってごまかし、握手を避けて振り切って店に到着。


3人の日本人が座ってマンガを読んでいた。

少し話すと「することもないから

いつもここで本を読んだり

ここに来る日本人と話したりしている」らしい。

1冊本を借りてお店をひやかしながら歩いていると

「両替しないか?」って

闇両替屋が登場。

深夜特急の愛読者なので

めちゃくちゃワクワクした。

レートを聞いてみるけれど

銀行よりもよろしくない・・・

そんなんじゃ替える人いないでしょと思って

背を向けるとガクンと上がった。

でもそれでも銀行と同じくらい・・・

何回かひっぱってみるけれど

いっこうにあげる気配がないし

正直私はドルの現金なんて持ち合わせていないため

そう言うと「お話にならない」と言った感じで足早に去って行った。


そして宿のバルコニーで読書。

ふと下を見下ろすと

すぐそこのチャイ屋さんは

日本人のたまり場になっているらしく

たくさんの日本人。

あきらかに異国の風情はあるのだけれど

日本人が多すぎるので

異国情緒が失われている。


今頃あのイケメンはどこにいるのかなぁ・・・

最後に会ったときは

「時間が1か月くらいしかないから

できればほとんどインドに使いたい。

カトマンズでのビザ取得がこんなに時間がかかると思わなかった。

取れたらすぐポカラからバラナシに入ると思う」

と言っていた。

私と知り合ったときはすでに5日ほど経過していたらしい。

そう考えるともうバラナシに来ていてもいいくらいな気がした。

私はとても浅はかで

コルカタから走るようにバラナシまで来たのも

そんな期待がどこかにあったからだ。

本当は途中のブッダ・ガヤーにも行くつもりだったのに

とばしたのは間違いなく彼への恋心からだった。

偶然、会えるとしたらバラナシでだけだと思った。

狭い町で旅行者が行くところなんて

決まっているから

(現に昨日から再会している人がとても多い。)

来ていたら会えるだろう。

まだきっと来てなくてポカラでのんびりしているのかもしれない。

日本人を見るたびに少し注意深く覗き込んでしまう自分を

バカだなぁ・・と思いながら日々を過ごしているのだ。

読書にも飽きて

外に出てサンダルでも買おうかとブラブラしていると

再びブラック・ピットに会う。

コイツのキャラはあまりキライじゃなかったので

チャイをゴチになり少し話す。

英語と日本語がまざって何を言っているかよくわからないけど

苦手な日本語を入れてくるのは

彼なりの親切なんだろうと思った。

彼がクロックスを履いていたので

「どこで買ったの?」と聞くと

「カモン」と言われる。

ついて行った店では300ルピー。

日本よりは安いけれど

インド人がそんなに出して買うかなぁー?と思った。

ちょっと交渉しても安くならない。

今までクロックス売ってる店あまり見なかったから

妥協して購入。

履いてみるとクロックスは靴の王様だと思った

通気性もいいし、歩きやすい。

ブラック・ピットは「君はいい買い物をした」と言う。

ほんとか嘘かはわからないけど

歩きやすくなったのは本当だから

「ありがとう」と言った。


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

about

SAYA

Author:SAYA
2011年、初夏
構想3年、世界一周へ旅立ちます


映画が好き
本が好き
夕焼けが好き
路地裏が好き
そして何より旅が好きな
スナフキンに憧れている女子のブログ。

serch
counter
ranking

アルファポリス エッセイ・ブログ大賞に
エントリーしました!
応援よろしくお願いします!!

ランキング参加してます★
ポチッとお願いしまーす!

FC2Blog Ranking


にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ

にほんブログ村 映画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
new
comment
category
100旅
126人でつくった旅の本
好評につきシリーズ化しております!
100人100旅―126人でつくった旅の本100人100旅―126人でつくった旅の本
(2009/12)
100人100旅プロジェクト

商品詳細を見る

自分の旅の話は自分でしか語れない。
旅好きな126人のそれぞれの旅の話☆
twitter
つぶやいていただいてます!
ありがとうございます★
links
diary
trakback
mail
ご意見、ご感想
なんでもお気軽にメールください!

名前:
メール:
件名:
本文:

rss
QR code
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。