日々旅中

 ya6.gif  世界一周へ向けてホームページを作成しました。
 2011年7月出発予定
 西へ進みながら更新をしていく予定です。


 まだまだ完成とは言えないHPです。
 だって完成するのは旅が終わってからなんだもの!!
 出発まではこのブログをご覧ください!



スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カジュラホーラスト

Category : 2008 India
今日はカジュラホーのシヴァのお祭りだと聞いていたので

早く起きてこの町のメインのエロ遺跡を見に行く。

この日はいつもよりも人がすごくて

遺跡にも長蛇の列。


メイン1


あらゆるところに人がたくさんいて

いつものカジュラホーののどかな雰囲気は一遍していた。

メインのエロ遺跡には

旅行者だけではなくて

たくさんのインド人もいた。

遺跡が5~6コくらいあって

広い公園みたいになっている。


メイン4



メイン2



メイン3


遺跡のレリーフはやりたい放題で

これが世界遺産に登録されてしまうのに

とても違和感を覚えてしまう。

ぼーっと眺めていると

となりにはインド人の家族がいて

子供はやっと一人で歩けるようになったくらい小さい。

こんな小さいうちから

こーゆう遺跡が身近にあって

しょっちゅう見てたら

そりゃあ下ネタばかりになるだろうなぁ・・・なんて

ヘンに納得してしまった。


遺跡を一回りして

オルチャへ向かうバスの時間やら料金やらを調べようと

バス・ステーションに向かう。

その通りもいつもと違って

日本のお祭りみたいに

食べ物の屋台やらゲームの屋台やらであふれ返っていた。

バス・ステーションの売店の兄ちゃんがいいヤツで

コーラをガブ飲みしながらしゃべる。

すると宿でよく話している

カンというインド人が登場!

「なんでこんなとこにいるの?」ってびっくりした。

「宿に送ってやる」と言うけれど

私は両替したかったんで

「銀行どこ?」って聞くと

「連れってってやるから乗れ」と言う。

面倒くさかったからお願いして

銀行に行くも

今日はお祭りだから休みらしい。

カンが知っている両替屋に連れっていってもらって

無事両替完了。そんなにレートも悪くなかった。

・・・でヘナをしたいと思っていたので

カンに聞くと

「いい店がある」と言う。

「いくら?」と聞くと

「君の自由だ」と言う。

それが一番困るんだよ・・・と思いながら

つれていってもらうと

そこは村の中心部からはけっこう離れていて

なんと彼の家だった。


カンの家


カラフルでオシャレな部屋に通されて

カンの妹が入ってくる。

どうやら彼女がやってくれるらしい。

私のネイルに気付き

「GOOD」と言う。

私は黒のベースにアナ・スイのラメを

爪の先端に散らばせていたのだけど

それに食い付く。

なにかの本で読んだ

「インド人女子と絡むにはマニキュアがいい道具」

ほんとだったんだと思った。

足にしてもらい

彼女に手をひかれ

手にもしてもらう。

ヘナ


その間カンはとなりでチャパティやら何やら

食事をしていて

食べ終わると「ケータイを見せろ」と言って

見せると

ストラップについていた「まりもっこり」を

ちゃっかりはずして自分のケータイにつけ始める。

「それ友達からもらったんだけど・・・」と思ったけれど

なんか当然のようにつけているから

口出せなかった


そしてカンが「マウンテンへ行こう」と言うので

人ごみが苦手な私は行くことにした。

そういえばここのインド人は

ナンパしてくるときに

「マウンテン」か「ウォーターフォール」に行こうと誘ってくる。

そういえば誰かしらに

毎日言われていたなぁ・・と気付くと

なんだかおかしくなる。


田舎


バイクで30分くらいで

小高い山に到着。

なんともない景色だけれど

高いところで風を受けると

とても気持ちが良い。

町に戻ってもらい

近道なのか知らない道を通っていると

遠くに観覧車らしきものが見える。

カンに「何?」って聞くと

彼はその方向に向かってバイクを走らせてくれる。


遊園地


小さな遊園地みたいなところで

遊具は3つほどしかないんだけれど

こんなド田舎の村に

遊園地なんかあるんだ!と思う。

ってゆーかインドにも遊園地なんかあるんだっていう

驚きが隠せない。

その遊園地をうろうろバイクで流してもらい

いったんカンと別れて

ネット屋に行く。

もちろんメールチェック。

日本からのメールではなくて

もちろんあのイケメンからのメールが来てるかどうか・・・

メールは来てなくて

なんだか少しヘコむ。

彼は今日までバラナシにいると言っていた。

それでも少し前にメールくらいくれてもいいじゃん。って思った。

私だけが浮かれていたんだって

なんだか切ない気持ちになってくる。


宿に戻り

屋上から夕焼けを眺める。


夕焼け2


今日の夕焼けはなんだか

不思議な色で

また少し泣きそうになる。

恋愛なんか理不尽で

たった3回しか会ったことのない

正直どんな人なのかもまだ知らない。

そんな人にどうしてここまで執着してしまうんだろう?

ただ久しぶりだった。

久しぶりに自分からトキめいてしまったもんだから

いつもよりも熱くなるのが早かったのかもしれない。

自分からなんとかしたいと思ったのなんて

実に5年ぶりだった。

その間にももちろん彼氏がいたこともあったし

ちゃんとその彼のことは好きだった。

別れたときはもちろん悲しかった。

でも自分から動こうとは思わなかった。

心をわし掴みされるのなんて

一言三言話せば十分で

そんな人とはめったに出会えない。

正直私は19のときに

そんな風に人を好きになって

みごとにフラれた。

彼にはちゃんと彼女がいて

私と付き合ってくれるわけがないことは十分承知だった。

それでも結果なんて関係なく

「好きだ」という気持ちを抑えられなくて

笑顔を見てると「まいった、君には負けたよ」って気持ちになって

吐き出すように告白してしまった。

24になった今、そんな恋愛は

それ以来していなくて

余裕がないと怖かった。

それ以上にそこまでハマる相手とも出会わなかった。

「君には負けたよ」なんて自分が下出にでる恋愛なんて

したくなかった。

でも今はこう思う。

「恋愛とは・・・愛とは負けてやることだ」って。

本当に好きな人だったら

負けてても悔しくなんかない。

むしろそんな自分に酔いしれてしまう。

それが十分心地よい。

盲目だろうとアホだろうと

幸せな気持ちを持ったことに価値がある。

イケメンの彼はそんな気持ちを思い出させてくれたんだと思う。

いくつになっても

きっとこんな風に人を好きになることはあるんだと

それがわかっただけでも

ありがたいじゃんか。


そんなことを考えていると

カンが来て「外でパレードをやってるぞ」と言うので

メインストリートへ行く。


シヴァお祭り1


遠くからはガンガン音楽が聞こえて来てて

道行く人もハイテンション

カンの友達が来てパレードも終わったので

宿へ戻り、屋上で3人で話す。

いつのまにか友達一人がいなくなり

カンの話が下ネタになる。

足をさすり始めて

「NO」と言っても全然止めない。

立ち上がるとおもいっきり手をひかれて

バランスを崩し倒れこむと

カンがマウントをとってくる。

「ヤバイ」と思って必死に抵抗するけれど

インド人男子の力には到底勝てない。。。

途中で戻ってきたカンの友達には

「no problem」と言われる

「いやいや、問題大アリでしょう?」って思っても

声なんか出ない。

宿の屋上で

こんなのってアリなの???って思いながら

あきらめず抵抗していたら

一人のフランス人が屋上にやってきて

私を助け出してくれた。

ここの宿は1階と屋上に

共同トイレとシャワーがあって

そのフランス人はたまたまトイレに来たらしい。

ほんとに助かった。

この人がいなかったら絶対ヤられてた。

部屋まで送ってもらい

ベッドに横になるけれど

なんだか寝付けない。。。

もう少しあのイケメンのメールをここで待っているつもりだった。

オルチャへ行ってもネット屋があるかわからないし

一緒にオルチャへ行くなら

カジュラホーで連絡を待つのが得策だと思っていたから。

でも一刻も早くこの町から抜け出そうと思った。

こんなことがあって

いくら私でも

平気で笑っていられるはずがない。

違う土地へ行って

心機一転しなくては。。。と思った。

不思議と怖さはなく

ただ現実をつきつけられた気がした。

旅には楽しいことばかりじゃなくて

キツイこともあるんだよ。って。

あんなサランコットの下ネタなんて

今となっては大したことなかったと思った。

とりあえず運がよかった。

あのフランス人が来なかったら間違いなく危なかった。

私には運が味方してくれていると思った。

「気をつける」と言っても何に気をつければいいんだろう。

結局は出会う人がどんな人かという問題だけな気がする。

現地の人と話さなければおもしろくないし

シカトしてばかりだと

全然おもしろくなくなっちゃう。

強くならなければ・・・と思った。

何があっても

その日ぐっすり眠れるくらい

強靭な体と心を持ちたいと思った。

この日は一睡もできなかった。




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

about

SAYA

Author:SAYA
2011年、初夏
構想3年、世界一周へ旅立ちます


映画が好き
本が好き
夕焼けが好き
路地裏が好き
そして何より旅が好きな
スナフキンに憧れている女子のブログ。

serch
counter
ranking

アルファポリス エッセイ・ブログ大賞に
エントリーしました!
応援よろしくお願いします!!

ランキング参加してます★
ポチッとお願いしまーす!

FC2Blog Ranking


にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ

にほんブログ村 映画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
new
comment
category
100旅
126人でつくった旅の本
好評につきシリーズ化しております!
100人100旅―126人でつくった旅の本100人100旅―126人でつくった旅の本
(2009/12)
100人100旅プロジェクト

商品詳細を見る

自分の旅の話は自分でしか語れない。
旅好きな126人のそれぞれの旅の話☆
twitter
つぶやいていただいてます!
ありがとうございます★
links
diary
trakback
mail
ご意見、ご感想
なんでもお気軽にメールください!

名前:
メール:
件名:
本文:

rss
QR code
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。